コンシーラー

この頃の暮らしはニキビとは縁がなく続いています。但し、ティーンズ後から二ティーンズ書き出しまでは、いまひとつ大人ニキビができて、困っていました。何が流行窮するのかというと、大人ニキビができると、のほほんと気になって、グッドしんどくて、つぶしたくてダメダメんです。

 

けれども、大人ニキビをつぶすと小さいって、だらだら調べると本当に心配ですし、血液や膿や大人ニキビの芯が、ブシャっと出てきて、仕方も汚れるし、とか多様考えると、極めてつぶすのも勇気がいるのです。そんなこんなで、つぶしたいけど、つぶすのも困りけど、みたいな感じで、そこそこ悩みます。

 

けれども、なんらつぶす考えのほうが、多かったです。そうして、つぶすときに、きれいに内部の芯と膿を総量出すと、その後の面倒も、ほとんどありませんでした。重たいからすでに良好や、とか、血液がガッポリ出たからもはや終わりとこう、とか、こんなふうに、途中で芯と膿を総量出すのをあきらめてしまうと、果して治りませんでした。

 

ちまちま鼻の頭に大人ニキビがぽつっとできます。取扱の手作業なので、嫌でも目立ちます。鏡を混ぜる度に落ち込んでしまいます。また鼻の頭は化粧がたちまち落ちます。また、ファンデーションで隠しても、直ぐに赤いのがぽつっと顔を出します。なので、自身は鼻の大人ニキビを隠すためにコンシーラーを使っています。

 

ファンデーションを張り付ける前にコンシーラーを仕込んでおくと、化粧がもっと落ちづらくなります。最初の頃はスティックのコンシーラーを大人ニキビにこすりつけていましたが、それだと大人ニキビの素材になって素肌に少ないという品評を聞いたので、いまではパウダーコンシーラーを指先にとって、とんとんとやさしくつけて居残る。

 

こすると悪いので、ほっとくという意識でやっています。また、コンシーラーセレクトにも気を使ってまわる。自身にはファンデーションは普通のものを使っていますが、コンシーラーは専用のものを使っています。それは、コンシーラーは大人ニキビにまっすぐ附けるものだからだ。

 

ニキビが治らない大人

続きを読む≫ 2016/09/08 20:29:08